三気の里の日中活動(生活介護)では、5つの班に分かれて作業などに取り組んでいます。 ここでは、各班の特徴や活動の様子をご紹介します。


★ 1班 ★

(人員:利用者23名 スタッフ 12名)

日中の活動としては、ニフコ熊本(旧JT)、吉水農園より受注した内職作業 を行なっています(プラスチック製品の分解や組み立て、トマトパックのラベル貼りなど)。プラスチックは車の部品となり、トマト パックは直接店頭に並ぶ為、常に責任感を持って作業に取り組んでいます。しかし、休憩時には笑顔が多く見られるなど、オンオフ がはっきりとした活気に満ち溢れた班です。



★ 2班 ★

(人員:利用者21名 スタッフ 11名)

果物の保護用ネットを二つ折りにして、ゴムで束ね、袋に詰める作業に取り組んでいます。試行錯誤を繰り返し、少しずつ作業の 効率が上がってきました。スタッフが行なっていた最終仕上げの工程にも利用者の方が挑戦し、綺麗な仕上がりになってきました。



★ 3班 ★

(人員:利用者26名 スタッフ 13名)

農作物や加工品の販売を中心に毎日頑張っています。自分達で土作りから行い、播種・育成・管理までを一貫して行い、無農薬で の野菜作りに取り組んでいます。現在、大津町内の居酒屋(あじまんさん、どら家さん)、ダイレックス大津店さん、 熊本市のオーガニックカフェ(CAFE3さん)、その他有機野菜を扱っているお店で三気の里の野菜を扱ってもらっています。 おいしい野菜を食べてみませんか?



★ 4班 ★

(人員:利用者12名 スタッフ 8名)

健康に働くことをモットーに、身体作りと共に、作業に取り組んでいます。「焦らず、のんびりやっていこうよ」と声をかけあい ながら、紙漉きのポチ袋・祝儀袋・メモ帳・ハガキを作って販売しています。また海苔の養殖に使う製品の下請け作業にも取り組ん でいます。みんな、「のんびりやろうよ」と言いつつ、ついつい一生懸命になってしまう真面目なメンバー達です。


★ 5班 ★

(人員:利用者14 スタッフ 5名)

プラスチックの製品の分解や組み立て、アルミ缶つぶし、ダンボール組み立て等に取り組んでいます。また地域に出て、わら運び ・ポール抜きなどの外作業にも取り組んでいます。毎日生きがいを持って、一生懸命“仕事人”として頑張っています。 頑張ってもらった工賃で、喫茶店や行楽地に行ったりして充実した毎日を送っています。